DSC01145.JPG

−​あなたと過ごすゆったりな時間−​

安月名莉子 ツイキャスプレミア生配信ライブ

ライブレポート公開中

みんな会いたかったよ。

TVアニメ『彼方のアストラ』EDテーマ、『慎重勇者~この勇者俺TUEEEくせに慎重すぎる~』EDテーマをはじめ、デビュー以来数々の人気作品テーマソングを歌唱、ブレイクが期待される安月名莉子(あづな・りこ)が6月8日(月)弾き語り生配信ライブを開催した。

国分寺GiveHeartsにて無観客で行われた安月名莉子の弾き語り生配信ライブ。オーストラリアのギターブランド「Cole Clark Guitars」から発売された自身のシグネチャーモデルを手に弾き語りスタイルで全9曲が演奏された。

纏う空気にギターの音を染み込ませるようにギターを響かせ、「木漏れ日キラキラ揺れてる朝の並木道」、自身のデビュー曲「君にふれて」で弾き語り生配信ライブがスタートした。生配信ライブを見ているオーディエンスに向ける彼女の表眼差しは喜びに満ち溢れ、嬉しさに頬が緩むその表情は画面越しにも関わらず見ている筆者もついにやけてしまう。

DSC01298.JPG
DSC01387.JPG

弾き語り。

2曲は今回の生配信ライブのために作曲をしたオリジナル自己紹介ソング。
「安月名莉子です、よろしくね。あづきじゃないよ、あづなりこです」、定番となりつつある読みまちがえをキャッチーなメロディーに乗せ作品として聞かせる。オーディエンスにこの時間を楽しんでもらいたいという思いがこもった温かな自己紹介ソングは彼女がミュージシャンであることを再認識させる。


ポップな自己紹介ソングから一転、3曲目の「Forever」、4曲目の「マーメイド」ではギターのフレットボードを縦横無尽に駆け巡る弾き語りの枠を超えたギターリフと、ボイスチェンジャーを駆使したテクニカルなナンバーを披露した。この2曲は音源化されていない自身のオリジナルソングということもあり、生配信ライブならでわの嬉しいセットリストだ。


その他、アニメカバー曲「ここから、ここから」、オリジナルのバラード「貴方色」、3rd シングルのカップリング曲「たたくおと」を演奏した。
 

まだまだここから、まだまだこれから。

ライブも終盤に差し掛かり、8曲目にはオリジナル「Shouting My Soul」が披露された。 この楽曲はダンスチューンのオーケストレーションとギターリフが混ざり合う、 ライブでは欠かせないナンバーだがこの日は弾き語りバージョンでの演奏。 

弾き語りバージョンでのアレンジはデビュー前のアレンジということもあり、オーディエンスには嬉しいサプライズになった。 

 

生配信ライブということを忘れるほど、一体感を感じるライブもラストナンバー、安月名莉子の代表曲「Glow at the Velocity of Light」でライブは幕を閉じた。 

 

ライブ後、「今日は本当に幸せな時間をありがとうございました。まだまだここから、まだまだこれからも新しい楽曲を届けていきます」と語った安月名莉子。 

DSC01600.JPG

copyright © 2018 SPIKE Inc. All rights reserved.